神が一番喜ばれること

July 27 [Sun], 2014, 16:18
ヘンリ・ナウエン著「静まりから生まれるもの」から

 「独り静まると、自分の価値とは、
  どれほど人の役に立つかではない
  と気づくようになる」

とナウエンは本中で述べ、老子の教えを引用している。

  ある大工とその弟子が、森の中を歩いていた。
  そこに一本の巨大な老木があった。
  大工は弟子に尋ねる。
  「この木はどうしてこんなに高く、大きく育ち、
  たくさんの節をつけた見事な老木になれたか分かるか?」

  弟子は大工をじっと見て答えた。
  「分かりません。なぜですか?」

  すると大工はこう答える。
  「それは、これが役に立たない木だったからだ。
  もし、役立つものだったら、とっくの昔に切り倒されて、
  机とか椅子になっていたことだろう。
  しかし、何の役にも立たなかったからこそ、
  おまえが木陰に座って憩うことができる、
  これほど見事な木になれたのだ。」

 大人は子どもに、「人のために役立つ人間になれ」と言い、自らも、人に喜ばれることをしたいと願う。天地創造の神は、御自身が選んだ民、人々を用いて、人類救済計画を成就される。信者は、そのために役立ちたいと切に願い、祈るが、御心はちがった、ということは往々にしてある。

 モーセは40歳のときに、イスラエルの同胞のために立ち上がるが拒否され、ミデヤンの地で40年間羊飼いをする。パロの元で王子として育てられたモーセにとって、羊飼いになることは不本意だったことだろう。しかし、その後80歳で、神に召されエジプトに向け旅立つが、その途中で、神はモーセを殺そうとする。(出エジプト4:24)神はモーセを用いることに、焦ることはなかった。モーセが、イスラエルの民をエジプトから解放する指導者として、十分成熟するまで、40年待ち、それでも不十分だと分かると、彼を殺すことまで考えられた、と書いてある。モーセが偉大な指導者となるためには、それだけの時間が必要だった。

 私たちは安易に、目立つ働きをしたい、と神に求めてはいないだろうか?「神様、私をお用いください。」といくら祈っても明確な答えが無い、と嘆く者もいるが、神は、私たちが霊的に十分成長するまで、忍耐強く待っていてくださる。神のために、人のために役立つ働きができていない、と思い悩む期間が、長ければ長いほど、やがて豊かに用いられるかもしれない。あるいは、その期間、信者として心から神を礼拝する、そのこと自体を、神は一番喜ばれているのかも知れない。

エレミヤ書32章から

July 18 [Fri], 2014, 22:52
 エレミヤ書32章6節〜15節には、エレミヤが神のことばに従って、いとこのハナムエルから畑を買い取った記事が書いてある。証書に署名し、それに封印し、証人を立て、銀十七シェケルを払う。

 南ユダ王国がまもなくバビロンによって滅ぼされることを、彼は神から啓示され知っていた。ハナムエルから、銀十七シェケルで買い取った畑も、やがて荒れ果て、人間も家畜もいなくなり、カルデヤ人の手に渡されると、当然分かっていた上で、神のことばどおりに畑を購入する。しかし、エレミヤの人間らしい一面も見える。価値がなくなる畑を買い取らせる理不尽さを、祈りの中で神に訴える。

 その祈りに応えるように、神からことばがある。神は、イスラエルの民を懲らしめるために、エルサレムをバビロンの王の手に渡されるが、その後の回復についてこう約束される。

「見よ。わたしは、わたしの怒りと、憤りと、激怒とをもって散らしたすべての国々から彼らを集め、この所に帰らせ、安らかに住まわせる。」(37節)

 そして、エレミヤが買い取った土地も、将来イスラエルの民がエルサレムに帰還することで、再び自分たちのものになると言われる。

「あなたがたが、『この地は荒れ果てて、人間も家畜もいなくなり、カルデヤ人の手に渡される。』と言っているこの国で、再び畑が買われるようになる。ベニヤミンの地でも、エルサレム近郊でも、ユダの町々でも、低地の町々でも、ネゲブの町々でも、銀で畑が買われ、証書に署名し、封印し、証人を立てるようになる。それは、わたしが彼らの捕われ人を帰らせるからだ。」(43節、44節)

エレミヤは、銀十七シェケルで畑を買い取った。イエスは、銀貨三十枚でイスカリオテのユダに売られる。しかし、父なる神が支払った代償は、刀を取って自分の子をほふるような、とても銀貨に換算できるものではなかった。神の子御自身が十字架で死ぬことで、アダムから患難時代まで、神を信じる者すべての罪を贖ってくださった。エレミヤは、自分が買った土地を再び手にすることはできなかったが、イエスを救い主として信じる者は、キリストとの共同相続人として、永遠の神の国を相続するようになる。

「わたしは彼らを幸福にして、彼らをわたしの喜びとし、真実をもって、心を尽くし思いを尽くして、彼らをこの国に植えよう。」(41節)
2014年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像MEPS後輩より
» こわれた水ため (2015年11月21日)
アイコン画像中川誠一
» 大患難期の舞台裏 (2014年11月25日)
アイコン画像中川誠一
» ディカイオスな人たち (2014年11月25日)
アイコン画像Tos
» 私たちは変えることができる (2014年08月18日)
アイコン画像蒼井美和子
» 私たちは変えることができる (2014年08月18日)
アイコン画像Tos
» 石巻市北上町を訪問して (2011年05月05日)
アイコン画像ami-s
» 石巻市北上町を訪問して (2011年05月05日)
アイコン画像ami-s
» 無口な生徒の落書き (2011年02月03日)
アイコン画像hosi
» 中学受験で何を得るか? (2011年01月31日)
アイコン画像Jeff
» 福萬飯店 (2011年01月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Tos
読者になる
http://yaplog.toshikiabe.com/index1_0.rdf