あなたの神である主を愛せよ

April 06 [Sun], 2014, 23:11
マタイ22:37b
新改訳「心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。」
岩波訳「あなたは、あなたの神なる主を、あなたの心を尽くしつつ、あなたの命を尽くしつつ、あなたの思いを尽くしつつ、愛するであろう。」

マタイ22:39a
新改訳「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」
岩波訳「あなたは、あなたの隣人をあなた自身として愛するであろう。」

 「アガペーセイス」は「アガパオー」の未来形であるが、口語訳や新改訳では「愛せよ」と 命令形で訳されている。マタイ22:37は申命記6:5から、マタイ22:39はレビ記19:18から、それぞれ引用して語られた言葉であることから、旧約聖書と表現をそろえた方が理解しやすい。しかし、ここでは、イエスによって語られた言葉が、ギリシャ語の未来形で記されていることにこだわってみる。

 はたしてイエスは、律法をそのまま引用したのだろうか。イスラエルの民の歴史は、律法で人は救われないことを証明した。ヤハウェはシナイ契約によって人間が神に近づく方法を示されたが、イスラエルの民は律法を守ることで神に近づくことはできず、神の一方的な恵みでしか救われないことがわかった。そこでイスラエルの民は、ヤハウェご自身がメシアとして来られるという聖書の預言を信じ、メシア到来を待ち望んだ。そのメシアとして来られたイエスが、律法をそのまま人々に語られたとしたら、多少違和感がある。未来形の「アガペーセイス」には、ヤハウェの計画とそれを成就するという意志が込められていると考えた方が、むしろ納得がいくのではないだろうか。

 未来形は、将来必ずそうなるという意味があり、そこに御心が成就するという意味がある。それをこのイエスの言葉に当てはめると、「将来かならずヤハウェを唯一の神として心から愛するようになる」「隣人をあなた自身として愛するようになる」という意味に解釈できるだろう。神はご自分のご計画を必ず成就される。同時に、私たち一人ひとりをもおぼえていてくださる。信仰によって義とされた私たちが、律法を努力して守ろうとしてもできるはずがない。私たちは、神の一方的な恵みにより、ただ信仰によって義とされ、信仰によって聖化の救いを完成していただく。「アガペーセイス」というイエスのことばに信頼し、それが自分に成就することを願い求めていきたい。

 それから、もう一つ覚えておきたいことは、イエスはイスラエルの指導者にこれを語られたということだ。主の日が来るとき、イスラエルが民族的にイエスをメシアとして受け入れようになる、そのことをも暗示しているのかもしれない。
2014年04月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像MEPS後輩より
» こわれた水ため (2015年11月21日)
アイコン画像中川誠一
» 大患難期の舞台裏 (2014年11月25日)
アイコン画像中川誠一
» ディカイオスな人たち (2014年11月25日)
アイコン画像Tos
» 私たちは変えることができる (2014年08月18日)
アイコン画像蒼井美和子
» 私たちは変えることができる (2014年08月18日)
アイコン画像Tos
» 石巻市北上町を訪問して (2011年05月05日)
アイコン画像ami-s
» 石巻市北上町を訪問して (2011年05月05日)
アイコン画像ami-s
» 無口な生徒の落書き (2011年02月03日)
アイコン画像hosi
» 中学受験で何を得るか? (2011年01月31日)
アイコン画像Jeff
» 福萬飯店 (2011年01月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Tos
読者になる
http://yaplog.toshikiabe.com/index1_0.rdf