総会

September 23 [Sat], 2006, 0:37
昨日は仙台JCの通常総会でした。無事終了。
これでいよいよ卒業モード突入かぁ!?


北村次年度の挨拶中に脇からパチリ!
直前ってみんなこの角度じゃないすか?

9月15日朝日新聞朝刊から

September 16 [Sat], 2006, 14:29

asahi.com My town 宮城へ

第10回例会「日本を知って元気になる!」

October 13 [Thu], 2005, 8:33
昨日は第10回例会を、東北大学片平キャンパスで開催した。階段教室に腰を下ろすと、久しぶりに学生時代に戻ったようなだった。(母校ではありませんが)ここ片平キャンパスには明治・大正・昭和初期に建てられた貴重な近代建築が数多く存在する。例えば、片平丁から見る円形のコーナーが美しい仙台初のRC造の東北帝国大学理学部生物学教室、正門から続くメインストリートに帝大時代の風情をかもし出しているロマネスク調の資料館、大学生協の脇にある仙台に残る貴重な明治期煉瓦造建築の文学部考古学収蔵室、仙台医学専門学校時代の建物で唯一残っている魯迅が学んだ階段教室などなど、まだまだある。これらは仙台のまちにとって貴重な建築的遺構であり、大切に保存し次世代に引き継いでいかなければいけない市民の宝である。例会前に少し早く行ってキャンパス内を散策し、それらを一つずつ見て歩くことができた。

例会の内容は、講師に東北大学文学部名誉教授の田中英道先生をお迎えして、日本の歴史や文化の価値をあらためて学び、そこから見えてくる歴史教科書問題について考えるというものだった。田中先生はフランス・イタリアの美術史が専門で、近年は日本美術の世界的価値に着目し精力的に研究をされている。講演の中で、どちらかというと日本人は言葉(文字)での表現は苦手で、形や行動での表現が得意であるため、昔の日本人の生活や文化水準を詮索するには、今残されている彫刻などの芸術品を見る必要があるということだ。人類の歩んできた歴史は、時間の経過とともに文明が発展してきたとは決して言えず、むしろ8世紀頃の万葉集の時代や13世紀の鎌倉時代の方が彫刻や和歌などの優れた芸術が存在し、現代の私たちには決して真似できないものが沢山あるという。日本の文化的価値を再発見し、一部忘れかけていた日本の誇りを取り戻したような思いがした。

最後にここをクリックしてください
人気ブログランキングへ

10月4日のフォーラム中止

October 03 [Mon], 2005, 18:27
9月15日の記事に書いた、明日10月4日(火)にメディアテーク仙台で開催を予定していたフォーラム『新・仙台市長と語るこれからのまち“SENDAI”〜ココから始まる仙台力〜』は諸事情により中止になりました。

参加を予定していたみなさまには、心よりお詫びいたします。申し訳ございませんでした。

秋冬モノ対外事業3部作

September 15 [Thu], 2005, 8:16
昨日第9回理事会を開催し、10月〜11月に開催される事業計画が無事(?)審議された。その中でメンバーだけ対象とするのではない市民参加型の事業を紹介しよう。

一つ目は、10月4日(火)17:30からメディアテーク仙台で開催するフォーラム『新・仙台市長と語るこれからのまち“SENDAI”〜ココから始まる仙台力〜』です。
このファーラムでは、パネリストに仙台市の梅原克彦市長、河北新報社の一力雅彦社長、楽天野球団の島田亨社長をお招きして、仙台の新しいブランド力、未来像について大いに語っていただきます。

二つ目は、10月16日(日)13:00から江陽グランドホテルで開催する特別公開セミナー『「あなたはもうリーダー!」〜今こそ地域の力を引き出そう〜』です。
この特別公開セミナーでは、講師にアチーブメント鰍フ青木仁志社長を講師にお招きし、JCメンバーではなくとも(メンバーも含む)まちで活躍する地域のリーダーを対象とした人間力開発セミナーを開催します。

三つ目は、11月18日(金)18:00から江陽グランドホテルで開催する公開例会『「仙台の今後の国際力発展を考える」フォーラム』です。
この公開例会にはパネリストとして、中国から長春市中華青年聯合会の張洪彬副主席、(財)海外職業訓練協会(OVTA)仙台事務所の舟橋功所長、コーディナーターに宮城県産業経済部国際経済課の岡本敏昭国際経済専門監をお招きし、強力な国際力を備える中国長春市と連携した仙台の国際力開発について考えます。

今年は、仙台市長選挙、衆議院選挙、宮城県知事選挙と選挙イヤーとなり、仙台JCの事業も後半にずれ込んでしまいましたが、最後まで、がんばっていきまっしょい!(最終艇感動したー。悦ねぇかわいかったなぁ)

最後にここをクリック、ブログランキングへ

仙台七夕花火祭に50万人A

August 09 [Tue], 2005, 11:22
西公園内に出店いただいてる業者の皆様には、エコトレー(紙で出来ている容器)の利用をお願いし、エコトレーをデポジットブースに持ち込むとお金を返すというデポジットのシステムも、市民の皆さんに年々浸透しつつあるようだ。

今年は分煙にも取り組んだ。野外で開催する数十万人規模のお祭で、実際出来るだろうか?という疑問はあったものの、道路に落ちている吸殻が少ないことを見ても、大勢の方々にご協力いただいたことが分かる。

リサイクルや分煙に対する仙台市民のモラルは、年々確実に向上している。それは仙台スタジアムやフルキャストスタジアムでのリサイクルやゴミの分別、分煙のマナーを見ても分かるだろう。これは仙台から全国に発信したいメッセージの一つ。サッカーや野球の応援で仙台を訪れたアウェーチームのサポーターから全国に広がることを期待する。仙台JCとしても仙台七夕花火祭を通して市民の啓蒙に務めていきたいものだ。

今年の花火祭の人出は、50万人だった。全員にマイクの音が届いているわけではないが、その大衆の前で挨拶をさせていただいた経験は一生の思い出となった。3期12年に亘って仙台市制の為にご尽力いただいた藤井市長のご勇退に花を添えることもできたのではないだろうか。

花火は終わると、肩の荷が一つおりたような気持ちになるが、今年度の事業はこれからが山場だ。12月までーーー

がんばってーいきまっしょい!
最後にここをクリックしてください
人気ブログランキングへ

仙台七夕花火祭に50万人@

August 09 [Tue], 2005, 8:48
8月5日の仙台七夕花火祭は、金曜日の週末ということに加えて天候に恵まれたということもあり、西公園内と周辺そして広瀬通は東二番町通りまで座り込んだ人でびっしり埋まった。私は本部テントにいたために花火はほとんど見ることはできなかったが、点火式のカウントダウン後に打ち上げられた一発目の花火は、これまでの人生で見た花火の中で一番きれいだと思った。

その点火式では、藤井仙台市長藤崎仙台商工会議所副会頭、テーマソング「夜空に咲いた花」を提供いただいたシンガソングライターの坂本サトル氏、中国のトップスターでみやぎ夢大使の胡兵(フービン)氏、そして杜の都親善大使の菊地菜々さん丹野麻衣子さん佐藤由香さんらにご参加いただいた。立町歩道橋の上から、人で埋めつくされた広瀬通りに向って主催者代表の挨拶をさせていただいたが、不思議と緊張はしなかったが、その代わりに言い知れぬ興奮するような感覚をおぼえた。

この祭は仙台JC主催で、協賛金集めから関係機関との調整などすべてメンバーの手で行っている。しかし近年は多くの市民ボランティアの方々にご協力をいただいており、今年はその人数が400名を越えた。花火当日のボランティアの人数も約90名にのぼり、リサイクルステーションや冒険広場で活躍いただいた方々を含めると、120〜30人かそれ以上かもしれない。仙台の中心街の公道が観覧席となるため、毎年ごみの持ち帰りを呼びかけているが、今年はマナーが良く、こんな話をメンバーから聞いた。

今回大橋で花火を見た観客は比較的年配の方が多くその年配の方が身の回りのごみをまとめて帰れられる姿を見てその場にゴミを置いて帰りかけた若いカップルが思い直しゴミを持ち帰ってくれた場面を目撃しました。
俺たちが「ゴミは各自で持ち帰ってくださ〜い!」てアナウンスするより絶大な効果です。
「どうもありがとう」とその若いカップルに声をかけたら、「イイエ、全然」とちょっと恥ずかしそうに答えてくれてのも嬉しかったです。


つづく仙台七夕花火祭に50万人A

BE HAPPY!

August 05 [Fri], 2005, 8:15
いよいよ仙台七夕花火祭当日だ。昨日は100名近いボランティア皆さんと一緒に、西公園の本部テント前でお天気まつりを開催した。担当の七夕花火祭特別委員会のメンバーのテンションも頂点に達しつつある。

本部テント前広場のイベント会場に設けた特別ステージには、今年のテーマ「Be Happy!」のロゴをかっこよくデザインしたバックパネルが設置されてあった。なんとそれは、専門学校の学生の皆さんが製作したということだった。
ん〜いいじゃないですか。

今日の天気予報は、晴れ。最高気温32℃。多すぎる人出と、熱射病が心配だ。ここは気を引き締めてメンバー一つになって臨まなければいけない。
さぁっ、いざ出陣!

がんばっていきまっしょい!
最後にここをクリックしてください
人気ブログランキングへ

8月5日は仙台七夕花火祭

August 02 [Tue], 2005, 15:57
いよいよ仙台七夕花火祭の実施日が3日後に迫った。担当の委員会では、昨日も広告協賛募集の追い込みで大忙しだったようだ。松本委員長のギックリ腰が、当日はどうか再発しないことを願う。そんなことになれば、また今年も北村担当副理事長が委員長代行を務めなければいけない。

36回目を迎える今年の花火大会では、いくつか新しいことに挑戦をしている。たとえば、
近年毎年懸案となって見送られていた有料観覧席
花火を打ち上げる前に会場で希望のセリフを読み上げるメッセージ花火
西公園周辺一帯と中の瀬橋・大橋を禁煙エリアに指定し会場内に喫煙所を設けた分煙化の実施
パッカー車による当日夜間のゴミ回収作業など、

イベントも内容盛りだくさんだ。
詳しくは仙台七夕花火祭公式ホームページを見てください



坂本サトル氏には一昨年に仙台七夕花火祭テーマ曲「夜空に咲いた花」を作曲していただき、以来毎年協賛金付CDの販売やプロモーション等でご協力いただいている。今年も当日イベント会場で生で歌っていただくことになっているが、きっとオリジナルのイーグルス応援歌も聞けることだろう。イベントの司会をする野口あきこさんはとても上品でキレイですのでこちらも必見です!

5日の天気予報は、前日に梅雨が明け快晴の予報だ。雨が降らないとなると花火による火災予防も抜かりなくしなければいけない。また週末も重なり例年以上の人出が予想されることから、事故や怪我人が出ないよう、安全第一でメンバー一丸となって当日は臨みたいと思う。

それでは皆さん
がんばっていきまっしょい!

最後にここをクリックしてください
人気ブログランキングへ

6月例会に須子先生来る!

June 17 [Fri], 2005, 8:08
急速に広まりつつあるウェブログの第一人者で、若い女性起業家として引っ張りだこの須子はるか先生をお招きして例会を開催した。

須子先生は会社を起業される前、あるプロジェクトをするために路上(アメリカだったかな?)で資金集めをして、チームで2ヶ月間に300万円の寄付を集めたらしい。我々も仙台七夕花火祭の運営資金や、スマトラ沖地震災害の義捐金を集めるために街頭で募金活動をしているので、少しはその苦労や意外な驚きは多くのメンバーが体験している。その資金を持ってブラジルで地域開発プロジェクトを展開し、ストリートチルドレンの施設で活躍されたということだった。話の中にこういう言葉があった。

「これからは私たちの心の豊かさが社会の豊かさを創り出す・・・」

私の理事長所信の最大のテーマだ。須子さん・・・いや、須子先生のような志を持った若いリーダーが日本には必要ではないだろうか?自分の経済的な利益だけを追求するのではなく、心の豊かさについて考え追求し行動するリーダーが社会に溢れたとき、初めて日本は真に豊かな国になるのだと思う。ブログについては企業経営に活かせる具体的な話を沢山していただき大変参考になりましたが、この一言が最も印象に残っている。

公演の最後の方に、「今日話を聞いて、ウェブログを始めてみたいと思った人はいますか?」という問いに多くのメンバーが手をあげていた。ホントかなぁ??メディアコミュニケーション委員会のみなさん、立ち上げのサポートお願いします。
ウェブログを始めました、すでにやっているというメンバーはこの記事にトラックバックしてください。
石川室長のアングラのブログもトラバしてほしいなぁ・・・

仙台JCオフィシャルサイトへジャンプ

最後にここをクリックしてください
2006年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像MEPS後輩より
» こわれた水ため (2015年11月21日)
アイコン画像中川誠一
» 大患難期の舞台裏 (2014年11月25日)
アイコン画像中川誠一
» ディカイオスな人たち (2014年11月25日)
アイコン画像Tos
» 私たちは変えることができる (2014年08月18日)
アイコン画像蒼井美和子
» 私たちは変えることができる (2014年08月18日)
アイコン画像Tos
» 石巻市北上町を訪問して (2011年05月05日)
アイコン画像ami-s
» 石巻市北上町を訪問して (2011年05月05日)
アイコン画像ami-s
» 無口な生徒の落書き (2011年02月03日)
アイコン画像hosi
» 中学受験で何を得るか? (2011年01月31日)
アイコン画像Jeff
» 福萬飯店 (2011年01月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Tos
読者になる
http://yaplog.toshikiabe.com/index1_0.rdf