大患難期の舞台裏

October 22 [Wed], 2014, 11:31
聖書で預言されている大患難期が始まる前に教会は天に挙げられるが、ではその七年間に、教会時代の聖徒は天で何をしているのだろうか。その様子を、ヨハネの黙示録から考えてみよう。

ヨハネの黙示録4:4に「二十四人の長老」が登場するが、彼らは神殿で奉仕する祭司だと考えられる。歴代誌24:4から祭司の組は二十四組あった。そしてその組は、バプテスマのヨハネの父ザカリアの時代まで継続していた。(ルカ1:5)一組は二十四人で構成され、常にこの二十四人が神殿で奉仕していたと考えられている。さらに、彼らは金の冠をかぶっている。1ペテロ2:9でペテロは、信者を「王なる祭司」と呼んでいる。黙示録1:6、5:10でも、王国とし祭司とされたと書かれている。「二十四人の長老」は、神殿で奉仕する二十四人の王なる祭司、天の神殿で礼拝奉仕をする教会を象徴している。

では、教会は天で七年間礼拝奉仕をする意味は何だろうか。それを考えるにあたり注目すべき記事が、レビ記8:33にある。「また、あなたがたの任職の期間が終了する日までの七日間は、会見の天幕の入り口から出てはならない。あなたがたを祭司職に任命するには七日を要するからである。」この記事にある祭司が、教会または教会時代の聖徒の型だとすると、教会は大患難期の七年間に、祭司となるために天の神殿で任職式をあげていると考えられる。教会は、そのすぐ後に来る千年王国で、王なる祭司として地上を支配する。その準備ため、七年間天の神殿から出ることは許されないということだろう。教会時代の聖徒にとって、大患難期の七年は、過ぎ越しの七日間であり、キリストと教会の婚礼であり、王なる祭司となるための任職式だと言える。

もう一つ注目したいことは、黙示録5:8に、二十四人の長老は香のいっぱい入った金の鉢を持っていて、その香は聖徒たちの祈りだと書かれている。現代に生きるクリスチャンは、さまざまの場面で祈りをささげるが、その祈りは、この二十四人の長老が持つ金の鉢に積み上げられていると考えられないだろうか。きかれる祈りもそうではない祈りも、すべて主の日のために、天に、金の鉢に積み上げられるとすれば、すべて無駄ではないことが理解できる。このことから無理やり結論を導き出すと、恵みの時代に生かされているお互いは、おかれている状況はどうであれ、もっと祈るべきだということになるだろう。

日々祈りが足らない者だと自戒しつつ、やがて来るその日に、思いを馳せる。


  • URL:http://yaplog.toshikiabe.com/archive/373
Trackback
Trackback URL:
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
黙示録は面白いですね。
いろいろな理解はあると思うのですが、七年間はレビ記の七日間と理解すると、叙任式の期間なのですね。
参考になります。
November 25 [Tue], 2014, 12:36
2014年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像MEPS後輩より
» こわれた水ため (2015年11月21日)
アイコン画像中川誠一
» 大患難期の舞台裏 (2014年11月25日)
アイコン画像中川誠一
» ディカイオスな人たち (2014年11月25日)
アイコン画像Tos
» 私たちは変えることができる (2014年08月18日)
アイコン画像蒼井美和子
» 私たちは変えることができる (2014年08月18日)
アイコン画像Tos
» 石巻市北上町を訪問して (2011年05月05日)
アイコン画像ami-s
» 石巻市北上町を訪問して (2011年05月05日)
アイコン画像ami-s
» 無口な生徒の落書き (2011年02月03日)
アイコン画像hosi
» 中学受験で何を得るか? (2011年01月31日)
アイコン画像Jeff
» 福萬飯店 (2011年01月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Tos
読者になる
http://yaplog.toshikiabe.com/index1_0.rdf